ー 農業用ドローン オペレーター資格 ー

受講生募集中

農林水産航空協会指定
新潟マルチローター教習所

はじめに

 2019年11月より柿崎総合運動公園にて農業用ドローンの教習所を開設いたしました。修了生は農林水産航空協会が発行する「マゼックス 飛助MG オペレーター認定証」を取得できます。
 当教習所は、農林水産航空協会指定の産業用マルチローター教習所(施設指定証番号:M1257号)です。

新潟マルチローター教習所の特徴

①広々とした教習所を完備
 緑に囲まれた20,000㎡の屋外教習場と雨天時の屋内教習場を完備。静かな環境で安心してドローンを飛ばすことができます。

②少人数制 初心者でも安心!
 教習はシミュレーター・練習機・実機とステップアップ式。ご年配の方や女性の方にも丁寧で分かりやすい実技教習を行なっています。

③米どころ新潟で農薬肥料40年
 導入のご相談・機体購入はもちろん、散布する農薬・肥料のご相談まで、経験あるインストラクターが幅広くサポートいたします。

④県内外からのアクセスが良好
 柿崎ICまたはJR柿崎駅から車で5分。国道8号線沿いに隣接し、北陸上信越地域からの受講にとても通いやすい教習所です。

越後の名山、米山を望む人工芝訓練場です。
雨風の時にはドームの訓練場へ。
少人数制で航空法の基礎から学びます。
まずはシミュレーターによる基礎訓練。
実際の散布作業の手順を学びます。
女性の方も受講されています。

教習コース

対象日数受講料(税別)
A. 通常コース(無人航空機初心者の方)3日間200,000円
B. 応用コース(無人ヘリ認定証お持ちの方)2日間140,000円
C. 拡張コース(他機の認定証お持ちの方)1日間  80,000円
D. 充実コース(実技プラス1日ご希望の方)4日間260,000円

受講料の中には、農林水産航空協会への登録料(15,000円)、テキスト代、保険料が含まれます。別途、消費税がかかります。

募集要項

 定 員  1講習 5名様まで ※1

 日 程  9〜10月を除いた期間で日程調整を行い、随時開校いたします。

 場 所  柿崎総合運動公園内の指定教習所 の他、お客様の地元で開催(出張教習)※2 もいたします。

※1 天候、会場、その他の事由によって変更する場合がございます。
※2 最低3名様の受講者が必要となります。少人数の場合は、指定教習所での受講をお願いします。

受講資格

①満16歳以上の方
②視力・聴力が正常な方(矯正可)
③心身共にオペレーターとして適正な方
④日本語での会話・読解が可能な方

提出書類

①入校申込書
②運転免許証、または身分を証明できる書類の写し
③証明写真 1枚(上半身、脱帽、縦3㎝×横2.5㎝)
<B.応用コース、C.拡張コースの方> 他機の技能認定証の写し

技能認定証を発行する際、必要になります。入校日当日にご持参ください。

カリキュラム概要

 学 科  <概ね1日間>

運用管理に関すること関連法令、飛行許可証の申請・取得について
農薬、防除に関すること適正利用、安全評価、病害虫・雑草など
機体の取扱に関すること機体性能、点検項目など
学科試験

 実 技  <概ね2日間>

シミュレーションおよび練習機による操作感覚の習得
実機を用いた飛行技能講習
実機を用いた散布飛行訓練
実技試験 

ー 教習使用機体 ー

マゼックス社製 飛助MG

教習施設

かきざきドーム(柿崎総合運動公園)内
新潟マルチローター教習所

新潟県上越市柿崎区法音寺730-1

無料駐車場(200台)有り
トイレ、更衣室、シャワールーム 等完備

車でお越しの方

高速道路をご利用の場合

公共交通機関でお越しの方

電車をご利用の場合
  JR 信越本線「柿崎駅」より車で5分
  ほくほく線「くびき駅」より車で15分
  北陸新幹線「上越妙高駅」より車で50分

高速バスをご利用の場合
  北陸自動車道「柿崎」バス停より徒歩で25分

フェリーをご利用の場合
  「直江津港」より車で30分

柿崎ICからのアクセス方法

◎北陸自動車道「柿崎IC」より5分

所要時間はあくまで目安ですので、お時間に余裕を持ってお越しください。

注意事項

・実技教習は長袖・長ズボンなど露出が無い服装とヘルメット・サングラス着用でお願いします。
教習当日は、ヘルメットを忘れずにご持参ください。

【お支払いについてのご注意】
・受講料は、入校までに当社指定口座へお支払いください。
・納入した受講料の払い戻し等、返還はできませんのでご了承ください。

よくあるご質問

ドローンを飛ばすのに免許は必要?
免許は存在しません。車のように免許を取得しないで運転すると法律違反!と言うことはありません。

ただし、農業用ドローンの多くは認定証が必要になります。農林水産航空協会(以下、農水協)の認定機を使用するためには、農水協の指定教習所で受講して認定証を取得しなければいけません。

現在、主力メーカーの大半が農水協認定機であり、当教習所ではマゼックス社製 飛助MGの認定証取得コースをご案内しております。
教習所はいつ頃までに受講したらいい?
散布作業のおよそ3ヶ月前を目安に受講をお願いします。

下記でご利用の流れを詳しく解説しています。

飛助MG ご利用の流れ

STEP1 入校申し込み & 各種手続  約2週間
入校申し込み後、国土交通省へ教習のための飛行許可承認申請を行います。申請が通るまで、通常2週間程度かかります。
STEP2 教習所で受講  3日〜
指定教習所にて、オペレーター資格講習を受けていただきます。受講日数は通常3日間となります。
STEP3 オペレーター技能認定証を取得  約1ヶ月半
教習所を受講後、1ヶ月半程度でオペレーター技能認定証が農水協から発行されます。
STEP4 機体の購入  約2週間
認定証を取得後、販売店にて機体をご購入ください。弊社でも販売しております。納品まで2週間程度お時間を頂戴します。
STEP5 各種申請手続  約1ヶ月
案内に従って各種申請を行います。必ず国土交通省へ飛行許可承認申請を行ってください。飛行前にはドローン情報基盤システム(FISS)へ飛行計画の登録を行っていただきます。保険はご自身でお手続お願いします。

【マゼックス独自サービス】
2019年12月より国土交通省への飛行許可承認申請をメーカーが無償で代行いたします。(新規購入・年次点検実施者のみ)
STEP6 実作業
安全には十分配慮を行い散布作業を実施します。必ずオペレーターとナビゲーターの2名以上での作業をお願いします。
STEP7 作業後報告
STEP5で行った国土交通省への申請に対して、3ヶ月ごとに飛行実績報告が義務として発生します。国土交通省へ報告をお願いします。

【マゼックス独自サービス】
2019年12月より飛行実績報告をメーカーが無償で代行いたします。(新規購入・年次点検実施者のみ)
STEP8 年次点検
機体を安全に長くご利用いただくために、年に1度の点検を受ける必要があります。

パンフレットダウンロード

新潟マルチローター教習所のご案内.pdf(準備中)

入校申込書.xlsx

お申し込み

入校申込書をFAXまたはメールにてお送りください。

FAX 025-523-3353
MAIL info@marusho.biz

飛助MGを操縦するためには、農林水産航空協会が発行する認定証が必要です。
認定証の取得まで約3ヶ月を要します。余裕をもってお申し込みください。

関連リンク

農林水産航空協会について(外部サイト)

マゼックス 公式ホームページ(外部サイト)

お気軽にお問い合わせください。025-523-3389受付時間 8:00-18:00 [ 日・祝日除く ]

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。